祐稀(A-SPADE)#02 ポトレインタビュー 「どうやったら曲でみんなが楽しんでくれるかを考えながら作っています」

祐稀(A-SPADE)

――悠真さんとは、何をきっかけに知り合ったんですか?

祐稀 ライブ会場で知り合いました(笑)。元々は、お互い違うバンドに所属していて。ライブ会場でたまたま話した時に、同じ地元ということが発覚して仲良くなったんです。そこから、タイミング良くお互いのバンドが解散になって。「じゃあ一緒にやる?」みたいな感じで、一緒にバンドを始めたんです。

――すごい! ゆーちゃそ王子さんとは、どのように知り合ったんですか?

祐稀 ちゃそは、悠真とバンドを始めることになった時に、「良いギターが居るよ」みたいな感じで悠真が連れて来てくれたのがきっかけですね。

――好きなバンドは居ますか?

祐稀 『RADWIMPS』が好きですね。

――好きな曲はありますか? 

祐稀 うーん、ありすぎるくらいなんですけど(笑)。最近の曲よりは、昔の曲の方が好きですね! 音楽をやり始めた時から聞いているので、どの曲を聴いても昔を思い出します(笑)。

――今後の、グループ全体の目標は何ですか?

祐稀 頼ってくれる人を増やすことですね!

――個人の目標は何ですか?

祐稀 基本的には僕が曲を作っているので、曲を好きになってもらうことですね!

――何を考えて、曲を作っていますか?

祐稀 お客さんのことを考えていますね。ここでこういうの入れたら、もっと盛り上がれるかな、とか(笑)。歌詞は悠真が考えているので、どうやったら曲でみんなが楽しんでくれるかを考えながら作っています。

――マガジンでは、どのようなところを見て欲しいですか?

祐稀 普段見られないようなところを出していけたらな、と思っています! 面白いと思ってもらえるよう、撮影頑張ります!

――では最後に、ファンのみなさんへメッセージをお願いします!

祐稀 『A-SPADE』を、好きになってください!

――ありがとうございました!

A-SPADEマガジン「A-SPADE magazine Vol.1」創刊。インストアイベントで予約受付中。

祐稀 Twitter

祐稀(A-SPADE)#01 ポトレインタビュー 「僕たちの音楽が、そういう”すがれる”ような、安らぎの存在になれれば良いなと思っています」

祐稀(A-SPADE)

――芸能界に入ったきっかけは?

祐稀 元々、芸能界というよりは、ただ音楽をやりたくて! 音楽の活動をする為に、ちょっとかじらせてもらったような形なんです。

――最初のきっかけは、バンドですか?

祐稀 そうですね。メンバーの悠真と、ゆーちゃそ王子が元々モデルの活動をしていたので、その流れで気づいたら芸能活動をやっていたような形です(笑)。

――メンバーさんとは、元々仲良しだったんですか?

祐稀 悠真は、もう5~6年になりますね。ちゃそは、知り合ってから1年くらいです!

――そうなんですね! 音楽活動をする上で、気を付けていることは何ですか?

祐稀 誰だって、辛いことってあると思うんですけど、僕そういう時に”すがれる物”があんまり無いなと思って。すがれる物が無いって、すごく辛いんですよね。だから、僕たちの音楽が、そういう”すがれる”ような、安らぎの存在になれれば良いなと思っています。勉強だったり、仕事だったりで、辛い思いをした時に聞いてもらえればな、と思って音楽活動をしています。

――音楽を始めた時は、何かに影響を受けて始めたんですか?

祐稀 はじめは、暇だったからですね(笑)。友達がギターをやっていて、「やる?」と言われたので、1万円で初心者セットを買い取って弾き始めました(笑)。

――音楽を始めてからは、何年目くらいですか?

祐稀 5年くらいですね!

悠真(A-SPADE)#02 ポトレインタビュー 「今年は健康第一で行きたいと思います」

悠真(A-SPADE)

――グループとしての今年の目標は何ですか?

悠真 もっと、沢山の方々に知ってもらうことですね。多くの人に、『A-SPADE』のことを好きになってもらえるように、頑張ります。

――個人として、目標は何かありますか?

悠真 健康でいることですね(笑)。すぐに風邪を引いてしまうんですよ……。でも、ボーカルなので! 今年は健康第一で行きたいと思います(笑)。

――健康、大事ですね。休みの日は何をされていますか?

悠真 温泉に行きます! 色々な事を考えられるので、よく行きます。家に居ると、あまり頭を働かせることがないけど、温泉に行くと「本当は自分はこうしたいのかも」とか、自分を見つめ直して考えを巡らせることが出来るんです。あとは、単純に気持ち良いから行っています(笑)。

――歌詞を作るときは、何を思いながら書いていますか?

悠真 まず、祐稀から音源を貰って、音を聴いてから、「あ、こういうことを言いたいのかな?」というのを探って、それに加えて自分の想いを書くようにしています。

あとは、僕たちの音楽は「夢」とか「希望」を題材にしているものが多いんですけど、僕たち自身が音楽を通して自分を変えることが出来たので、それをみんなにもわかってもらいたいし、「みんなの力になりたい」と思って書いていますね。

――今回新たに発売したマガジンでは、どのようなところを見せたいですか?

悠真 マガジンでは、ライブでは見られないようないつもと違った一面を見て欲しいですね!

――では、最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします!

悠真 好き。

――ありがとうございました!

悠真(A-SPADE)#01 ポトレインタビュー 「僕自身が音楽で人生や感情を動かされたので、今度は自分がみんなの励み・力になりたいと思った」

悠真(A-SPADE)

――音楽を始めたきっかけを教えてください!

悠真 始めたきっかけは、僕自身が音楽で人生や感情を動かされたので、今度は自分がみんなの励み・力になりたいと思ったことがきっかけです。

――バンドを始めたはいつ頃ですか?

悠真 5年前くらいですね!

――楽器隊ではなく、ボーカルを選んだ理由は?

悠真 はじめは友達とコピーバンドを組んでいたのですが、バンドを始めると決まった時に、友達からグループに招待されて。その時既にほかの楽器を担当する子が決まっていたんです(笑)。それで、「え、俺は何をやるの?」と聞いたら、「お前はボーカルだから!」と言われて、ボーカルになることが決まりました(笑)。

なので、はじめは本当に、ただカラオケが好きなだけでしたね(笑)。

――好きなバンドは居ますか?

悠真 うーん、居ません(笑)。居すぎて!

――なるほど。どういうジャンルの音楽を聴くことが多いですか?

悠真 色々なジャンルが好きです。クラシックも聴けば、ダンスミュージック、アイドル、バンドと幅広く聴いています。

――意識的に、勉強をしようと思って聴いているんですか?

悠真 いや! ただ単に好きなので、色々聞いています!